以外!な織田信長の優しい、気配りやさんな一面

自分より下の人にはとても優しい

織田信長といえば、苛烈で怖いという印象が強いですが、人物像を詳しく見ていくと、そういった側面だけではないことがよくわかります。まず、織田信長は自分のもとで働いている部下にはとても厳しいですが、自分の領地で暮らしている平民たちに対してはとてもやさしく、そして気さくな一面を持っています。その証拠に、信長が納めていた領地では一揆などといった領民からの反乱はほとんど起こりませんでした。また、ある村に通りかかったときに山中の猿と呼ばれる障碍者を見つけたときなどは、領民に木綿を大量に手渡し、それを売ったお金で小屋を建ててやり、気が向いたら食べ物なども与えたやってくれと伝えたという話も残っています。

部下の奥さんにも気づかいの手紙を

また、こんなをエプソードもあります。信長の有名な配下にはあの豊臣秀吉が居るのですが、彼はとにかく浮気性で、正妻であるねねという女性はほとほと困り果てていました。ある日久しぶりに信長と会ったとき、二人は昔からの中という事もあって、ねねは信長につい自分の旦那の浮気のことを愚痴ったのです。すると、後日信長はねねに宛てて、お前は秀吉にはもったいないくらいに綺麗な女性だと、ねねの事を褒めつつ、お前が正妻であるという事は揺るぎようもない事実であるから、いちいち目くじらを立てずに堂々としておきなさい。と戦国武将の正妻の心構えもしっかりとアドバイスした手紙を送ったのです。その手紙には秀吉に見せるようにとも書かれており、これを見た秀吉は大いに反省したとのことです。

パチンコ機器卸会社の代表取締役会長である山本英俊氏は馬主としても有名です。複数の所有馬が重賞での優勝経験を持っています。