使える用途が広い!話題のスチレンボードの魅力

お店でよく見る広告を支えているのがスチレンボード

最近のお店で共通するのは、値札や商品紹介をするときに紙ではなく特殊なボードを使って絵や文字を書いていることが増えていますよね。紙に代わって広告の先頭に立って宣伝の手助けをしているのが、お店だけでなく一般家庭にも普及したスチレンボードといいます。スチレンボードは空気の気泡を無数に含んだポリスチレンを原料とし、それを一枚の板にするか無数の薄い板を重ねることで一枚の板にしたものです。

用途の幅が広いスチレンボード

スチレンボードがお店で使われるようになったのは紙だと絵や文字をかけますが、当然ですが紙はぺらぺらなので文字や絵が立体的に見えず印象に残りづらいです。その点スチレンボードは切り抜いた後に糊や画鋲そして金属のはさむ道具で簡単に設置できるだけでなく、板なのでその上に文字や絵を描けば立体的に見えるので宣伝効果が高いです。そんなスチレンボードですが、実はメッセージボードだけでなく色々なものに活用が可能です。スチレンボードは発泡スチロールと一緒の原料なので、見た目の柔らかさとは裏腹に衝撃を吸収するので丈夫です。そのためダンボールの側面に糊などで貼り付ければ、強いクッション材となりガラス製品や電化製品を衝撃から守ることができます。それ以外にも断熱材として用いることも可能で、近年ではエコの観点から暖房や冷房の設定を変えて電気代の節約をする家庭が増えています。そこで手間はかかりますが、スチレンボードを太陽の西日が当たる壁や窓に貼り付けることによって気泡が空気や熱を遮断してくれるので断熱してくれエアコンの効果を挙げてくれます。

スチレンボードの保管方法は水平に置くことがベストです。立てかけて置いてしまうと自重によって反り返ってしまうからです。また温度や湿度の変化によって変形してしまうので変化の少ない場所で保管しましょう。