酸洗いって?金属加工には欠かせない化学洗浄処理とは

酸洗いとはどんなこと?

酸洗いとは硫酸や塩酸などの酸性の溶液で金属を洗うことです。金属を加工する時には欠かせない工程の一つです。
例えば金属を熱処理すると、表面にスケールと呼ばれる酸化皮膜が生成します。また、自然にサビなどがつくこともあります。皮膜やサビををそのままにして次の加工をすると製品の出来が悪くなることがあります。特にメッキ加工をする前には必ず酸洗いを行わないとメッキがうまく密着しません。

酸洗いにもいろいろある

酸洗いにはいくつかの種類があります。
主なものは酸液に漬けることでスケールやサビを除去する「酸洗い」や、酸化皮膜を除去する事で金属表面を活性化する「酸浸漬」、常温加工による金属の変質層を除去する「エッチング」などです。いずれも酸の濃度やつける時間、処理の手順など、細かい判断が必要になる作業です。次にどのような加工をするかで酸洗いの手順も内容も変わってきます。
酸洗いの後の金属の表面は、非常に腐食しやすい状態になるので、素材によっては、速やかに次の作業に入ることが必要になります。
また、酸洗いそのものが光沢を出す作業になり、最後の工程になることもあります。

酸洗いには危険が伴う

酸洗いは、金属の表面を綺麗にし、研磨作業などの手間を省き、光沢を出し、その他の作業を簡単にしていくための前処理となるものです。
酸洗いは誰でもどこでもできる作業ではありません。硫酸や塩酸などの薬剤を取り扱うので非常に危険な作業です。酸洗後の排水処理も必要になります。きちんとした設備を持った専門の業者に依頼して行ってもらいましょう。

酸洗いとは低コストを実現しながらも、金属の焼け取りをするのに適した方法です。専用の薬剤を使用するため、皮膚が荒れてしまう危険性もあり、取り扱いには注意が必要です。