短期間で免許を取りたい!どのような方法があるの?

短期間で免許を取得する方法は1つではない!

車の免許を取りたいと思ったとき、気になるのはどのような方法があるのかですよね。一番にみなさんが思いつくのは、おそらく自宅から通える自動車学校でしょう。もちろん通常の自動車学校の短期コースに通うのもよいのですが、長期の休みを利用して短期間で免許を取得したい場合には、合宿免許という選択肢もあるんです。それぞれにメリットとデメリットが存在していますから、免許を取得したい時期が決まっているのなら、早めに情報を集めて計画を立てておくことが大切です。

通学で短期コースを選ぶ際のメリットデメリットとは?

もしも自宅から通える範囲にある自動車学校の短期コースを選んだ場合、どのようなメリットとデメリットが存在するのでしょうか。まずメリットですが、あまり生活習慣を変えることなく少し時間を工夫するだけで通えることですね。スケジュールは教習所が組んでくれますし、自分が知っている道を通ることも多いので、落ち着いて運転できるのもメリットです。

一方短期コースのデメリットは、一般的なコースに比べて費用が高額になることです。さらに短期コースの場合定員に限りがあり予約の開始も早めになるため、定員に達してしまうと自分が通学を開始したい日から始められないことも考えられるんです。自宅から通えるので安心して運転したり時間を有効に使えるのはメリットですが、費用が割高になることや申し込みが遅れると最悪の場合入学ができない可能性があるということを頭に入れておいてくださいね。

気分転換もできる!?合宿免許のメリットとデメリット

合宿免許で免許を取得する場合は自宅から通うのではなく、教習期間中は基本的にその学校の宿舎に入ることになります。最大のメリットは、AT車なら最短で2週間あれば免許が取得できることでしょう。こちらも通学の短期コースと同様に学校側がスケジュールを組んでくれますので、自分で調整しなくても短期間で免許取得ができます。さらに通学に比べて費用の負担が少ないこともメリットです。中には交通費を出してくれる学校もありますし、旅行している感覚で気分転換もできますね。

デメリットは教習期間中に自宅に帰れないので、アルバイトなどがあっても休まなければならないことです。人によっては最短で取得できるとは限らないので休暇中の予定を立てられませんし、宿泊する部屋の掃除や洗濯などは各自で行う必要があります。時間を有効に使いたい方や、慣れた場所でないと不安という方にはあまり向かない方法です。ただ多少教習期間が長くはなりますが、一時帰宅ができる合宿免許もありますので、選択肢の一つとして考えてみるのもよいですね。

合宿免許とは教習所の寮などに滞在し、短期間で集中して免許を取得することができます。教習料金が安いことなどで人気です。